□■□■□■□

意識散漫系ブログです。

守るべきもの

皆様こんにちは。
梅雨ですね。
梅雨だけど、たまにチラって夏が顔出す感じですよね。
大将、やってる?って。
わたし夏が苦手なので、「準備中」って札かかってんだろ!って言い返してますけれど。
 
 
ここ数ヶ月、歯医者に通っていたんですけれど。
別に調子悪いわけじゃなかったんですけど、
なにかで芸能人と一般人の違いは歯の白さだ、と書いてあるのを見て。
そういえば20年前ぐらいに東幹久も芸能人は歯がいのち、って言ってたなって。
そういえば隣に高岡早紀もいたな、って。
芸能人じゃないけど、年上の方々が口を揃えて歯は大事にしたほうがいい、
って言うし、
芸能人じゃなくてもどうやら歯はいのちなんじゃないかってことに
遅ればせながら気づきまして、
ちょっと見てもらおうってことで、最近通ってたんですよね。
 
幸いなことにあまり歯のトラブルは今までなくて、
みんなが言っていた親知らずを抜く辛さとかも全然よくわかっていない。
痛いらしいしすごい顔が腫れるらしい、、というのを聞いて知っているだけで
私の奥歯はずっとおとなしく、
上司に逆らうこともなくひっそりと席に存在感薄く座っています。
仕事もないからやたらとテプラでシール作ってるみたいなことになっています。
でも聞くにつけ、割と多くの人の奥歯が謀反じゃ〜!ってなってたみたいですよね。
謀反を起こした結果、抜かれるっていうかなり原始的な制圧方法が取られていたことを考えると、
まあテプラ作っててよかったのかな、って思わないこともないです。
すいません、あの、ふつうに、親知らずまっすぐ生えててよかったです。
 
前置きが長くなったんですけどまあそんなわけで近所の歯医者に通うことになりました。
で、かっこいいんですよ、その歯医者が。
前に近所に住んでた友達が、
「ちょっとえみちゃんあそこの新しくできた歯医者の院長かっこいいからぜひえみちゃんに行ってみてほしい」と言ってたので、
なぜぜひえみちゃんに、なのかは謎なんですけど、
そんなこと言われたらそこの歯医者一択ですよね。
で、歯医者がかっこいいと困るっていうことに気づく。
かっこいい人に口の中を見られたくない。
若い頃の宅麻伸みたいな感じで、
たぶん年は私と同じぐらいかちょっと上だと思うんですけど。
 
口の中を見られてビビビと来れる松田聖子と私の間には埋められない溝があるなって。
別に埋める気もないのだけれど。
ビビビっていうかカアアですよね。カアア。
 
で、カアアってなりながら宅麻伸に私の歯の状態の説明を受けたわけなんですが。
ずっと知ってはいたんですけど、
わたし永遠に永久歯にならない、乳歯のままの歯が1個あるんですね。
 
歯のレントゲンを取るとわかりやすいんだけれど、
乳歯ってちょうかわいいの知ってますか。
ねえみんな、乳歯のみりょく、気づいてる?
永久歯ってまじで歯の絵本に出てくるみたいに根っこがシャキーンってなってるんですよ。
なんかすごいわかりやすく悪そうっていうか、オラオラ感がすごいっていうか、
ポリエステルのベスト着てそうっていうか、車高低くしてそうなかんじっていうか。
 
で、私は左下の歯の中に乳歯があるんだけれど、
その子がほんとにおぼつかない感じで立ってるんです。
内股で、ぶるぶるふるえながら。
もう強風にあおられでもしたらぴゅーって飛んでっちゃいそうな感じなんですよ。
レントゲンで見ると、オラオラオラオラオラオラちょこんオラオラオラオラみたいな感じで、
オラオラたちに囲まれながらすごく心細そうなんですよ。
乳歯が!!!!!
にゅ、にゅうしーーーーーーっ って思わず叫びたくなる。
俺が今行くから待ってろ、な、そこ動くなよ、な、ってなりますよね。
 
で、まあ小さい虫歯をちょっと治したりして、
さしたる問題もなく治療が終わりを告げたわけなんですけれど、
治療が終盤になったある日、
宅麻伸に「モリヤマさんの目標はこの乳歯をずっと守っていくことですね」と言われたのです。
 
ー突如私にもたらされた、守るべきもの。
ー戸惑いはある、不安もある、だってひとりで、どうやってこの子を、、?
ーだけどせっかく私のところにやってきてくれたにゅうし。
ーふしぎ、、なんだろう、この心の奥から湧いてくる力、、
 
っていう謎のシングルマザーとしての自覚が芽生え始めてきちゃって
「この子だけは私が、、!」みたいな気持ちになっているわけです。
 
守るべきものがあると人は強くなれると言いますよね。
そんなわけで、最近なんだか周りの景色が違って見える。
 
あと、恋人ができた暁には、
割と早いタイミングで乳歯のことを打ち明けないとな、っていう。
乳歯込みで私のことを愛してくれないと私のことを本当に愛しているとは言えないですし、
乳歯の存在をほのめかしたら逃げて行くような男なんてこっちから願い下げですけどね。
なにを言ってるんでしょうね。
 
守るべきものができたその日わたしは、
20年越しにアパガードを使いはじめたのでした。

 

皆さんも、歯をたいせつに。 

マイスウィートおじいちゃん

うちの会社に繊維博士と呼ばれているおじいちゃん(72)がいて、
生地のことなら何でも相談できる偉大な方なのだけど、
なにしろ可愛くて困る。
 
153cmくらいでヨークシャテリアみたいな顔しているのだ。
 
薄くなってしまった髪に、小さいおりぼんをつけたい。
おりぼんつけたい欲求を私が密かに抱いていることを博士は知らないだろう。
 
しかも会社の中に同じくらいの身長のおじいちゃんがあと2人いて、
その3人が集結している場合がまれにあり、
その絵面のかわいさたるや、赤ちゃんが3人集結しているよりも可愛い可能性がある。
 
恵比寿あたりを歩いているとかわいい小型犬をたくさん見かけるが、
そのかわいい犬につながれているリードを辿るとさらにかわいいおじいちゃんにつながっている場合が多々あり、
よくわからないけど油断禁物だと思う。
かわいいと思っても、リードの先にもっとかわいいのがくるかもしれないのだ。
 
かわいいテロはいつも、思いもよらない存在によってもたらされる。
おじいちゃんのかわいさの瞬発力は、いつも私を驚かせるのだ。
 
社食で何食べようか、悩んでいる博士を見たりするのが好きである。
とにかくおりぼんをつけたい。

 

アイスクリーム ユースクリーム

なんだか色々なことがあり(あと二日酔いで)、疲れたナァ、

と本日昼までベッドの上でゴロツキと化していたのですが、
ええいままよと外に出たところ、
夏が、どう?やってる?え、おれ?おれおれ、なつなつ、にひゃくまんえん振り込んで、
てな感じで訪ねてきており、
ああ暖かいなあちょっと暑いくらいだなあ、
おじさんアイス食べちゃうよ?てな感じでアイスを食べた。
 
アイス食べようかな、って思うときって、なんか、いい感じな気持ちですよね。
お酒はあの、ヤケ酒っていうか、ちくしょー的な気持ちで飲むことってありますけど、
アイスって、そーゆーのないよね。ヤケアイスない。
幸せだナァ、みたいな気持ちでアイスを買うなあ。
ラブアンドピース☆ウィンウィン☆みたいな気持ちでアイスを買うなあ。
 
そう思うと、アイスの「望まれて食べられてる感」ってすごい。
アイスはいつもハアハアされている。
ビールとかも私は相当ハアハアしながら飲んでいるけれど、
取り急ぎ飲んでるんじゃないか?どうなんだッ士郎ッ!などと海原雄山に問われたら自信がない。
お寿司とかも相当ハアハアしながら食べにいくけれど、
ウニに行くまでの流れとか考えちゃう。トロとか実はそんなに好きじゃないけど挟んだ方がいいかな、とか、30代OLの複雑ハアハア。
 
そう考えると、アイスへの愛情はいつもシンプル。
そんなに頻繁にその気持ちになることはないけれど、すごくたまに食べたい、と思って、
食べたいと思うときは心が落ち着いていて、ほのかに幸せなとき。
 
 
ああなんだか、常にアイスを食べたいと思うときのような気持ちで生きていたいなあ、
と思うわけです。
アイスって、幸せの象徴だなあと、思うわけです。
 
今日はアイス、食べたいと思えてよかった。
 
今度は大切なひとたちとアイス、食べたいなあ。

 

乙女心と伝書鳩

先日どういった経緯だったかは忘れたが、会社にて、

30〜40年前まで、新聞社とか、フィルム届けるときとかに鳩使ってたらしいよ。
という話になった。
 
え!
 
ー皆さんは、鳩のことを信用したことがありますか?
 
と、なんとなく、忘れられない恋はありますか?的な感じで己に問うたのですが、
なかった。
いや、そんなに鳩を信用に足る存在として認識していなかった。
 
伝書鳩とか、なんかこう、お願いごとレベルっていうか、
小瓶に手紙を入れて海に流すのと同じ感じだと思ってたんだけど、
全然違うんですね。
届いてほしいけど届いたら奇跡、的な感じだと思ってたんですけど、違うんですね。
打ち明けられなかった恋を空に飛ばすの、的な感じだと思ってたんですけど、
冷たい水で勢い良く顔を洗ってタオルでふいて、鏡に向かって
、、ぜったいきれいになってやる。
ってつぶやく的な感じだと思ってたんですけど、違うんですね。
 
 
あの、鳩の足に写真のフィルムを入れるケースを取り付けて、
それを事件の現場から新聞社の本社まで送っていたらしいんです。
 
嗚呼そんな大事なものを!鳩に!
チャレンジャー!この、ミスターむこうみず!
 
ちょっと意味わからないですよね。
もし彼氏に、「これ、鳩で送っから」とか言われたら意味わからなすぎて
「別れる!」ってなるぐらいには意味わからない。
 
あと、フィルム入れるケースとか、つるっとしてそうでしょ。
だから運んでるとき、鳩の足のゆび(ゆび?)、超ガシってなってますよね。
超ガシって、ブルブルってなってますよね。
 
え〜ほんとに?鳩そんなにできる子?のびしろある〜?
 
と、当時、部長あたりは言ったに違いないのだ。
そこでたぶん、イメージ的にはYAWARA !の松田さん的な感じのひとが、
部長!鳩のこと、信じてやってください!俺のことは嫌いでも、鳩のことは嫌いにならないでください!
とかなんとかアツい感じで言って、鳩を飛ばしたに違いないのだ。
すごいなあ。最初に鳩信じたひとすごい。
 
一時期銀座で働いていたときに、よく日比谷公園でお昼を食べていた。
日比谷公園といえば鳩である。
あと、今はそうでもないのだけれど、私が高校生くらいのときまで、仙台のアーケード内にもなぜか鳩がたくさんいた。
したがって、なんとなく昔からぼーっと鳩を観察する機会があった。
 
昔も書いた気がするんだけど、
鳩って、自分があんなにすごい速さで首を動かしてることに気付いてなさそうですよね。
 
人間も、ふだん自然にしてる動きを意識した途端にその動きができなくなっちゃったりしますから、
鳩に至っては、自らがものすごい速度で首を動かしていることに気づいたとき、すごいパニック状態になると思うんですよね。
で、爆発しちゃうと思う。ちゅど〜んって。
だから、鳩を啓蒙させちゃいけないなって、われ首をめっちゃ速く動かしているゆえにわれ進んでいる、的なことを思ったら、
鳩はちゅど〜んってなっちゃう!!だめ!!!って、当時強く思ったことを覚えている。
 
だからね、そんな、フィルムを運ぶような存在だったなんて、知らなかった。
鳩、すでにルネッサンスだった。
 
なんだったら、日比谷公園にいる鳩の、むき出しの感情に若干引いていた。
なんて原始的な存在なんだと、思っていた。
 
太って毛艶がいい男子は、よれよれの鳩から餌を奪い、真っ白で綺麗な女子をドスドスと追いかけている。
その勝者ぶりというか、IT社長感というか、秒速で稼ぐ感。
巣は六本木ヒルズにあり。
よれよれ君は、いつまでも食べられなくて、だからずっと痩せているし毛艶もよくならない。
巣は日比谷公園である。賃貸の巣だ。なに賃貸の巣って。
女子も、真っ白なやつとかはいろんな男子に追いかけられている。
たぶん、南ちゃん的な存在なんだと思う。
真っ白なのに目の下だけ黒い女子(当時の先輩とアヴリルラビーンと命名)とかは周りとあまりつるんでいなくて、
それがまたアヴリルの魅力を高めている。
きっとものすごい年上の鳩と付き合っているに違いないのだ。
 
今思えば、原始的な感情むき出しのところに引いていたのではなくて、
あまりにも人間世界を彷彿とさせるような、その縮図っぷりが23歳ぐらいの私には辛かったのだ。
 
私たちはすぐLINEとかメールで連絡してしまうので、
電話ですら、かかってくるとちょっとどきどきしてしまう。
(ちなみに昨日久しぶりに電話が鳴ったので出たところ母親で、「阿川佐和子ふなっしーの対談を見なさい」という要件だった)
 
電話なんかやめてさ六本木で会おうよ、は、今なら、
LINEなんかやめてさ六本木で会おうよ、だ。
そんなこと言うのは勇気がいるし、言われた日にはちゅど〜んである。
 
LINEじゃ味気ないし、電話するのに勇気がいるなら、伝書鳩がいいかもしれない。
 
忘年会しよう。
 
口実だ。
ただ会いたいのだ。
伝書鳩には、乙女心が詰まっているのだ。たぶん。

 

海へ行くつもりじゃなかった

ここ3年ほど髪の毛を短くしているのですが、
短いとがらっと雰囲気を変えるのも難しく、
マイナーチェンジを繰り返すばかりである。
 
なにかないかしらと思ってヘアカタログを見ていたところ、
襟足に少しだけパーマをかけて外ハネにしたヘアスタイルがあったので、
いつもは親のかたきとばかりにすぐ伸びてくるえり足をこれでもかと短く切っているところを
そーかいそーかいじゃあおじさんえり足にパーマあてちゃおうかなという気になり
美容師さんにその写真を見せたところ、
「あ、いいじゃないですかかわいいですねえ、今また、ウルフきてますし」
と言われたのである。
 
うまく言えないけれど、そんなつもりじゃなかったのだ。
ウルフの波に乗るつもりなど毛頭なかった。
ただちょっとだけ、いつもと違うふうにしたかっただけなのだ。
だいたい前回ウルフがいつ来てたかも、知らないのである。
 
仕上がりは思い通りだ。なにしろ上手なのだ。腕がいい美容師さんなのだ。
 
だいたい、えりあしにパーマをかける→えりあしにまあまあの長さがある→そのことをウルフと言う
わけであって、ウルフは結果なのだ。
そこにウルフがあったから、じゃなくて、山に登ったらウルフがいたのだ。
ちゃおー、みたいな感じで、ウルフがいたのだ。
 
そんなことは美容師さんにとってはどうでもいいとは思うんだけれど、
わたしがウルフに興味を持ってこの髪型にしたわけじゃないということを
伝えたかった。
でも、これを面倒くさくなく言う言い方がわからない。
 
結果、わたしは頬をあからめこくりとうなづいた。
ウルフがきてる事実に後押しされた形で、えり足にパーマをかけたのである。
いいのだ。気に入っている。
ただすべてはこの肥大した自意識がわたしを赤面させるだけなのだ。
 
カラーするときも、写真を持って行くとたいてい
「アッシュ系ですね」って言われるんだけれど、
アッシュ系なつもりじゃないんですよ!って心の中ですかさず叫んでしまったりする。
知らなかったのだ。その色がアッシュ系だということを。
あと、アッシュ系の裾野が広すぎるっていうか、アッシュ系の包容力が半端ないっていうか、
おじさんにはわからないんだけど、この色はアッシュ系で、え、この色もアッシュ系なの?っていうことが、多いんです。
大人は!すぐに!そうやって!カテゴライズして!と、わたしの中のかすかに残る思春期が叫んでいるのです。
 
そんなつもりじゃなかった、ということは、日々の中でまあまあよくある。
 
近所のお店で、かわいくてずっと買おうか迷っているスカートがあるんだけれど、
前回行ったときに鏡の前であてていたら、店員さんが、
 
それ、かわいいですよね。ウエスタンブーツとか履いて、上、革ジャンとか着て、
シックスティーズ的な感じでキメて頂くのとか似合いそうですね!
 
と仰られたのである。
 
そんなつもりじゃなかった。
シックスティーズ的な感じでキメるつもりじゃなかった。
よくわからないけれど、2014年的な感じでキメるつもりだった。
 
わかっているのだ。購買意欲を高めようとして、褒めるつもりで店員さんは言ったのだ。
実際ほんとに60年代のものらしい。
しかしとりあえず今日は買えない。シックスティーズの重圧に耐えられない。
プレッシャーに弱いのだ。
俺今、サッカーにしか興味ないから、みたいな感じで、
付き合うとか興味ねえし、みたいな感じで、
店をあとにしたのである。
買えばいいのに。1万3800円である。32歳OLがためらうほどの金額ではない。
 
嗚呼、もっと大きな人間になりたい。
ウルフ、来てるんですか?じゃあこの髪型でお願いします☆
と堂々と言いたい。
シックスティーズ、キメちゃいますか☆
とか言いながら、そしらぬ顔で2014年的にキメればよいのだ。
 
あたしって〜こういうキャラじゃないですか〜
っていうのを、もうずいぶん捨てたつもりだったのだけれど、
大人になったと思っていたのだけれど、
まだまだである。
 
ひとに誤解されることを気にしない。
そういうものにわたしはなりたい。

 

 

アタシ、そーゆーんじゃないから

走るときによく前を通るパチンコ屋があり、
そこの警備員のひとがいつも穏やかな顔で、本日もごくろうさまであります!的なかんじで軽く会釈をしてくれるのだけれど、
その瞬間そこだけに突如出現する「地域に守られてる感」の処遇をどうすればいいのかわからない。

昔は、地域でみーんなで子どもを育てたんもんじゃあ、的な目線で
わたしを見つめないでほしい。わたしを育てないでほしい。
わたしは高円寺をこころから愛しているがしかし高円寺に根ざしていない人間なのだ、
青森生まれ牛タンそだち悪そうな笹かまぼこはだいたい友達、
あいしーゆーうぇんゆーげっぜーいふわなげっぜー、
だからオーケー育てなくてだいじょうぶだぜ!あと、32さいだし!っていう気持ちになるのです。
アタシ、そーゆーんじゃないから、
みたいな気持ちになるのです。

あと、たぶん警備員さんは20代のバイトくんだ、君も高円寺出身じゃないはずで地方から出てきた早稲田あたりの学生に違いなく、
そのバイトに精を出しすぎて1限に出れてないでしょう、私を育ててる場合じゃないでしょう!という気持ちになるのだ。どうせクラスのかわいい女の子に代返頼んでるんでしょう。
何が言いたいかっていうと、いろいろ言っちゃったけど、なんとなく恥ずかしいから会釈しないでほしいのです。
すみません。
めんどくさい女だって、、思わないでよ、、ネ。

みたいな感じで、日々、たいしたことは起きていないのですが、
この一週間の間で、「私もイカが好きだよ」という報告をいくつか頂きました。
ありがとうございます。
イカが好きだと報告されるOL。

ただ、気付いちゃったんだけど、私が好きなのってあくまで生の新鮮な、だんだんサウンドが玄人よりになっていっちゃった頃のイカであって、
火を通した、ドラムが外人になっちゃった頃のイカには、そんなに興味がなかったの。
「一夜干しがとくにすきで!」とか言われると、「そ、そうなんですね!」ってちょっとしどろもどろになって、イカのすべてを愛してないことに後ろめたくなっちゃったっていうか。最終的には政治宗教野球イカなかんじになっちゃったっていうか。
あと、今近所のカフェにいるんだけど隣にかっこいいひとが座ってて、
私はすましてPCに向かっているんだけど、イカのこと書いてるってばれたらどうしよう、って思ってる。←NEW!

先日ラジオでやはぎが、
「俺、みんなが言うほど蟹のことがあんまり好きじゃないの。でも、蟹のお味噌汁は大好きなんだよな~」って言っててちょーわかる、って思って。
蟹より蟹エキスが好きっていうか。海老より海老エキスが好きっていうか。
あの、アメリケーヌソースなんて大好き。あとやはぎが好き。

まだ食べ物の話しますけれど、
この1ヶ月ほどアイキャントストップロンリネス悲しみがとまらないことがありまして、
それは、クラコット(プレーン)がいつのまにか製造中止になってしまったこと。
なんか最近、どこのスーパー行ってもふつうのクラコット売ってないなーやだなーこわいなーやだなーこわいなー他のクラッカー置いてあるなーなんだろなーこわいなーサクサクサクーサクサクサクーって思っていたんだけれど、どうやら今年の3月に製造中止になっていたらしいんですよ。
その代わりのクラッカーは本当にただのクラッカーで、個性も何もあったもんじゃなく、横並び一列、ゆとり教育、円周率3の弊害がクラコットにまで、とか言いたくなっちゃうかんじで。
あのスッカスカな、偏差値35みたいな感じがよかったのに、あの感じはクラコットにしかなかったのに、
もともと特別なオンリーワンだったばかりかナンバーワンだったのに!

製造中止になってたなんて知らなかったものだから、4月から最近まで、口を開けながらスーパーで買ってたクラコットは、最後の、残されたクラコットたちだったんです。
もう、後悔しかない。いつでも会えるって思ってた。会いにきてって言ったら、
すぐ来てくれると思ってた。
ほんとに、わたし、これからチーズを何につけて食べたらいいの、、、?
下手したらクラコット、朝食代わりに食べてた頃もあったんだよ?ばかばか!ポカポカ!
はじめて、このことば、使ったよ、、
R.I.P 、、クラコット、、、、

えっと、他に書くことないのかって感じですけど、ないですよね。

でも最近わたし、このブログによって久しぶりのひとから連絡がきて会おうと言ってくれたりして、すごくありがたいです。
エミちゃんワタシもイカすきだよ、会おうよ、的な感じで。
イカがつなぐ縁。


イカって、すばらしいですね!
じゃ!












大きな声で好きって言いたい

食べ物の好みの話は危険である。
 
往々にして別に着地どころはなく、
お互いに譲らず自分の好みを盛大に言って終わる、ということがほとんどであり、
わりかし生産性はないのですが、なぜだか盛り上がってしまう。
 
 
会社のひとが俺レーズンすごい好きなんだよね、と言ってきたので
私はむしろ嫌いなほうです、と答えたところ、
なんでだよ!と問われたので、
小さいものの中に甘さが凝縮されている感じが苦手、よってドライフルーツ全般が苦手でありただドライマンゴーはのぞく!びし!
などと答えたのですが、その会話からは何も生み出されないあげく、完全にあまり(わたしの)感じがよくない。
 
 
「好き」側はいいんだけれど、「嫌い」とか「いまいち」側の反論が、どうしても屁理屈っぽくなっちゃうんですよね。
 
レーズンに関してですがその小さな面積に対して担う甘さの量が大きすぎると思うんですよ、ギュッってなってるじゃないですか。
え、甘さが。甘さがギュッってなってるでしょ?噛んだらすっごい甘いのビャッて出てきてギャーってなるでしょ?
で、パンとかアイスとかに投入されたところで、パンor アイスの全体の量÷レーズンの総数で出たところのレーズン一粒が担うパンの量だとかアイスの量だとかが
そんなに多くないじゃないですか?だからパンとかアイスとかでレーズンの甘さ全く緩和されないんですよね。パンもアイスも一瞬にして俺色に染まれ感っていうか
もうレーズンの味しかしないじゃないですか!びし!
 
とか言い出しかねないんだけれど、
でもレーズンが好きなひとはきっとその、
「小さいものの中に甘さが凝縮されている感じがいい」
と言うのだと思う。
 
ぐう。
 
ぐうとしか言えませんよね。
 
好きな理由なんていつもシンプルなものであり、
好きなエネルギーのほうが圧倒的にひかり輝くので、好きじゃない側のほうが分が悪いのです。
 
 
朝霧に行ったときも、何も大自然に囲まれながら話す話ではないんだけれど、
「世間的にはそうでもないけどもっと評価されていい食べ物」の話になって、
果物だったら、とかお寿司だったら、っていう話をしていたんですけれど。
 
まず果物で「梨」っていう話になって、これはかなりみんなそうだよね、って。
富士山をバックにわざわざ「梨マジうまい」って大人4人で頷く、っていう。
 
 
先ほどの、総量に対する甘さのバランスの話で言うと、梨、パーフェクトですよね。
桃とか、みずみずしいのは非常に結構なんだけれど、
ほとばしったその果汁が甘すぎてギャーッ!って。
ギャーッ!甘いッ!ってびっくりしちゃう。そんなに甘いと不安になっちゃう。メロンも同様でギャーッってなっちゃう。
やっぱり書いてて屁理屈具合がすごいんですけど。
甘くて不安になっちゃうってなんだよ、って自分でも思うんですけど。
 
 
それに比べて梨ってほとばしっても爽やか~!!!ってなるでしょ。
ヤッダ~爽やか~!!!ってなる。
あま~いけどあますぎな~い爽やか~ン ってなりますよね。
 
で、梨って値段もちょうどいいというか、
高すぎないし、安すぎないし。
 
 
その点で言うとバナナとかもっと高くてもいいと思うんですよね。
バナナ、すごい好きなんですけど、あんなに安くてかわいそう。
バナナが好きなのにバナナがあまりにも安いから、バナナが好きだと言うことによってワタシまで安い女と思われるんじゃ、、っていう、30代OLの不安を無駄に煽ったりするわけで、バナナを好きだと言えないこんな世の中にドロップキックでポイズン。
バナナのこと、、もっとみんな考えてよ、、ネ。
 
 
で、梨の話で盛り上がった後、その次に好きなの何、って話になって、
私は柿、って言ったんですけど、そこまで盛り上がらなかったんです。
 
え、、、柿、、、めっちゃうまいし!!!!
 
あの、同意を得られないとなんかちょっと恥ずかしいんですよね。
あんまり熟れてなくて、ちょっと固めの柿が、好きなんですけど。
「あんまり熟れてなくて固めの」とか、柿に興味ないひとにとってはどうでもいいですよね、たぶん。
興味ないアーティストに関して「俺は初期の頃のほうが断然好きで、、」とか言われる感じに似てるっていうか。
初期の頃の柿のほうが、、って言われても、っていう。
 
さらにお寿司のネタの話になって、私いちばんはウニで、次ぶりとかさんまとかの青魚系、
その後、もっと評価されていい寿司ネタ、っていうので私イカ、って言ったんですけど、
これがまったく同意を得られなくてですね、
ちょっと恥ずかしくて朝霧高原を走りたくなる気持ちになったんですけれど。
 
え、、、イカ、、、めっちゃうまいし!!!!
 
白いグニャってしたやつじゃなくて、しんせんな、半透明のやつだよ!とか言ったりしたんですけどね、
しーん、って。
イカの、音楽性がちょっと変化した頃のやつだよ!ぐらいの感じで、言ったんですけどね。
「えみはイカセンターに行けばいいと思う」とか言われたりしてね。
イカセンター、行きたいですけどね。
 
そしたらまさかのレーズンのおじさんが「俺超イカ好きなんだけど」ってこないだ言ってて、
OH MY コンブ!!!私も!!って鼻息荒く同意しちゃったんですが。
 
ここまでいっさい生産性なし。恐るべき食べ物の話。
 
まあ私が言いたいのは、
ヘイトがはびこる昨今、
ヘイトを発信する時間があったら、
好きなものを声高に叫ぼうということなんですよ。
 
嫌いなものを嫌いな理由を探すより、
理由はわからないけれど好きなものを好きと言うことのほうがだいじだよ、
と、まあそういうことなんです。
 
イカのこと、、、すきだよ!!!
 
 
みなさんの好きな食べ物は、、、なんですか?
(なにこのおわりかた)